« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

怪獣総進撃ってやつですか?

Vfsh0261さて、バードンの次はミクラスで、もう旧ウルトラシリーズファンは見なかったら死ぬまで後悔しそうな「ウルトラマンメビウス」ですが、まだまだ続きますよ~。次はサドラーです!!「帰ってきたウルトラマン」第三話「恐怖の怪獣魔境」に登場、テレスドンの弟(爆笑)のデットンと死闘を繰り広げ、新マンの八つ裂き光輪で首ちょんぱされた、霧吹山の伝説の竜の正体がこいつ。猫のような目とかなり悪そうな面構え、そしてギザギザバサミがイカス怪獣です。砂美はなんか知らんがフィギュア持ってるんでココに掲載。池谷仙克氏のデザインの基はサソリだそうです。しかしカッコイイ!!
Vfsh0262そして、誰もが知っている超・有名怪獣にして、「メビウス」2話に登場したグドンの大好物えびの味がするツインテールは、なんとなんと今回ソロデビュー!!もうビックリ!!しかも水中戦やるらしいですよ。なんか凄いです。池谷氏の最高傑作、造形を担当した高山良策氏の最高傑作にして、ウルトラ怪獣の金字塔ともいえる屈指の名獣・ツインテール。ここでツインテールをソロでもってくるのは、心ニクイですね。しかし、なんか本当に旧怪獣総進撃って感じで、新しいのほとんどいませんねぇ・・・まぁ、それでもいいですけど。ベムスター、そろそろ出ませんかねぇ・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

ポスト「彼氏彼女」か?「涼宮ハルヒ」

B000epfrdg01lzzzzzzz3凄いぞ!!TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のEDテーマ『ハレ晴レユカイ』は、4月25日現在のAmazon音楽ヒットチャートでなんと1位!!ほんとかおい?アニメの主題歌が1位って凄くないか?まぁ確かに凄くいい曲なんだが・・・OPの『冒険でしょでしょ?』も3位です!!砂美はどっちも買ってます。当然でしょでしょ?だってここ数年でこの2曲絶対最高ですよ!!どのレビュー見ても、最高最高最高のオンパレード・・・あ、でも絶対404429201909lzzzzzzz1否定しません。ちなみにアニメ自体も勿論最高ですよ!!零話見たときはどうしようかなと思ったんですが・・・・・・さすが京都アニメーション。原作モノでも作り手にこだわり&愛があると化けるもんですねぇ・・・。そういう意味では、砂美的にはひょっとして「涼宮ハルヒの憂鬱」は、あのガイナックスの傑作「彼氏彼女の事情」以来の学園アニメの決定版になってくれそうな気配です。それほど期待できる出来になってきました。主題歌シングルは即日完売でしょうし、もうDVDのCM流れてますし、今年の上半期アニメは、どうやら「涼宮ハルヒ」一人勝ちの様相ですね・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

我等の我等のちずる嬢

1700_1_l1_2「見たか電磁の必殺の技~♪」「我等の我等の~コンバトラーV!」は私こと砂美が生まれて初めて主題歌を憶えたロボットアニメで、もうこれと「ボルテスV」はなんかバイブルみたいになってしまってます。今思えば、完全に戦隊シリーズアニメ版なんですけどね・・・でも、こんな昔に南原ちずる嬢のような萌えるスーパーロボットヒロインを生み出したスタッフには脱帽・・・
1700_2_l1_2今でも十分に通用するこの南原ちずる嬢の可愛さって一体何なんでしょうね・・・犯罪級ですよ。「ゾイドジェネシス」のコトナさんて、ちずる嬢へのオマージュじゃないかななんて勝手に思ってしまうんですが・・・ヒーローと恋仲になる、マシンに乗って一緒に闘う、これがやはり萌える要素で、しかもコンバトラーを作った博士の孫とくりゃもう最強でしょでしょ?シャワーシーンやパンチラなどお約束満載の彼女はやはり最強の元祖・萌えキャラです!!

続きを読む "我等の我等のちずる嬢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

原点に戻った「プリキュアS☆S」

B000e0vs7u01lzzzzzzz1さて、「ふたりはプリキュア スプラッシュ☆スター」ですが、OPのうちやえゆかさん、EDの五条真由美さんのどちらの楽曲も捨てがたく、またきちんとブルーム&イーグレットの二人が参加しているのがポイント高い楽曲で、発売以来オリコン100位以内にずっと入っているのが凄い。まぁ、前回が完全な肩透かしだったので待ちに待った新曲ってのもあるのでしょうが・・・・・・お話の方は東映少女アニメのご他聞に漏れずパターンな406379054101lzzzzzzz1のですが、2人を軸に展開する物語に戻ったので3人を描く事となった前作よりは元祖プリキュアの持っていた「友情&家族の絆と愛」が良く掘り下げられているストーリー展開が多く、好感が持てます。敵さんは相変わらず弱いのですが、最終回前になるといつも怒涛の展開になるので、幹部クラスはもうちょっと強い方がいいですね。劇場版では新旧プリキュア夢の共演、してくれませんかねぇ・・・(東映だし、アリアリいいんじゃない?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

一瞬で売り切れた限定版

406358229901lzzzzzzz1何を隠そう、砂美は玩具屋さんであり、また本屋さんでもあるので、毎日だいたい1~2時間は本屋のレジにいるのですが、うちの本屋は私の前の店長が萌え漫画がお好きでなく、少女マンガのみやけに強い品揃えなんで、萌える男性向けコミックがほとんど入ってこないのです。そんな中、先週の土曜日に入荷した「魔法先生 ネギま! 14巻限定版」は当然即日完売・・・って一冊は砂美が買ってるんだから当たり前か・・・。今回の限定版はブックカバーが付いてるんですが、茶色の無地のあまりぱっとしないブックカバーで、「ラブひな」にも使える!!てうたい文句が意味わからん・・・。

続きを読む "一瞬で売り切れた限定版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

京都に来たら是非お寄りやす~

Vfsh0254う~ん、今日の(厳密にいうと昨日ですが・・・)砂美は萌え尽きました。砂美嫁様と頼人君が春の里帰りしてしまい、親父一人となったので久々に河原町を満喫していましたら、信長書店で新しいメイド喫茶(アミューズメント喫茶)のチラシを見つけてしまい・・・・・・晩御飯を食べに行こうかといそいそ出かけましたらこれがビンゴ!!ソフマップ河原町店の裏に4月1日Vfsh0256にOPした「りとる☆きゃぴたる」さん。最初は常連さんが多くて敷居高いのかなと思っていましたら、お給仕してくださったジュリアちゃんとおしゃべりしているうちに常連さんともお話できてかなり楽しかった。ジュリアちゃんの印象があまりに良かったので、砂美10年ぶりのイラストまで描いている始末。ちなみに、晩御飯のカルボナーラ&スープは本当美味しかったです。

続きを読む "京都に来たら是非お寄りやす~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

湯浅監督の本が出ました

475772775501lzzzzzzz1昭和ガメラを監督され、我々30~40代の昭和ガメラタイムリー世代に神の如く崇められる湯浅憲明監督の本「ガメラ創世記」が発売されました。これまでも様々な本が発売されている「ガメラ」ですが、今回は昭和ガメラを撮られた湯浅監督の、監督としてのお仕事や考え方を知る上で非常に興味深い内容となっています。今回のガメラも、もし湯浅監督がご存命ならお声がかかったのではないか?と思うような内容です。でもやはり昭和ガメラは高橋二三先生の脚本と湯浅監督のお二人だからこその映画なので、やはり後にも先にもこれしかない!という傑作群なのだと思います。B00005no4k01_ou09_pe0_scmzzzzzzz_1
ではここで、出版記念で砂美の昭和ガメラオススメ2作品を・・・
★ガメラ対宇宙怪獣バイラス(1968年3月20日公開)★
ガメラが初の宇宙怪獣・バイラス(バイラス星人の合体)と闘うシリーズ第4話。予算が大幅に縮小され、前年の傑作「対ギャオス」のような大作は作れない中で、抜群の演出とジュブナイル溢れる作風、そしてOPのガメラマーチ初披露!極めつけはバイラスとの壮絶なる死闘など子供の感性直撃の内容!!まさに昭和ガメラのエッセンスが凝縮された永遠の傑作。

B00005qwma01_ou09_pe0_scmzzzzzzz_1★ガメラ対大魔獣ジャイガー(1970年3月21日公開)★
万国博覧会のタイアップ映画なのですが、ガメラに対するジャイガーがムー大陸の伝説の大魔獣という燃える設定。極めつけはガメラの体内に子供達が潜水艇でもぐりこむ(ジャイガーが幼虫を産みつけてガメラが貧血になり、それを助けるために行く!!)など、怪獣インナースペースともいうべきスゴイ映像を見せ付けてくれる昭和ガメラ後期の傑作。ゴジラ映画には絶対に無い魅力を感じさせてくれる、燃えるガメラ映画の超・決定版です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「BLACK CAT」アニメ終幕

408779365601lzzzzzzz1春の新番組が続々登場する裏で、秋に始まったアニメはどんどん最終話を迎えていくのですが、「BLACK CAT」もいよいよ最終話を迎えて、全23話を走り切りました。途中からかなりオリジナル要素が増え、漫画とアニメは別物というスタンスが強くなっていきましたが、GONZOのアニメらしくCG効果は抜群でよく動くアニメだったと思います。惜しむらくは、キャラクターの描写が淡白だった事。ストーリー展開重視でトレインとサヤの関係はなかなか綿密に描いたのに、スヴェンやセフィ姉、ナンバーズ、そして星の使徒の主要キャラクターの掘り下げがかなり少なく、少々残念です。オリB000ehxq1e01lzzzzzzz1ジナル展開の最終4話は一番意味不明で、原作ファンとしてはかなり?な内容でした。別に「BLACK CAT」はイヴの物語でも何でもないし、あくまでトレインが主役でシリーズ終わらせて欲しかった。ジャンプアニメはやはり主人公が最期まで立たないとダメでしょう。砂美はイヴが嫌いな訳ではないのですが、彼女の成長を描くのならまだしも、囚われの姫君でヒロインさせるには余りにも幼いですよね。最終4話分、クリード戦をしっかりと描き込んで頂きたかった。砂美の感想は、それにつきます。惜しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新主題歌もいいですね

B000e6gb9y01lzzzzzzz1新OP「きらめく涙は星に」は砂美の誕生日と同じ発売日(5/31)で、なんか嬉しくなってしまうのですが、これまた名曲で改めて「Fate」もジェネオンでよかったと思います。歌は、初代OPに引き続きタイナカ サチさんですしね。それにしても、アニメ版は作画レベルがいっていじゃないとか、いB0001lv6i801lzzzzzzz1ろいろとファンの中ではケチもついてるみたいですが、まぁTVアニメは一人が動画描いてる訳でもないし、24話近くあれば回によっては当然ムラもありますよね。その反面、演出面では、これといって落ちたところは見当たらないんですが・・・・・・今は、セイバー・アーチャー(現在は消滅)・士郎・凛といったメインキャラが非常に立っていて、バーサーカー&イリヤのコンビと死闘を演じていますがなかなか◎。凛は相変わらず小悪魔ちっくな可愛さが萌えですし、セイバーとの絡みもナイス(少しエロ要素もあり)。アーチャーは最期までカッコよく、士郎もなかなか凛々しくなってきました。一つ難を言えば、ドラゴンなどのCGイメージがあまりキャラの作画にマッチしてない気がします・・・・・・無理しなくてもいいと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

ワンダバ♪大復活!!

409110685401lzzzzzzz1もう第1話から第2次ウルトラブーム世代を完全に巻き込んで、子供より親がはまってる状態なんです続出の「ウルトラマンメビウス」ですが、第2話で更にまたやってくれました!!何をかって?そりゃぁもう言わずもがなのワンダバ復活ですよ!!ワンダバって何かって?ワンダバ知らない人はウルトラファンじゃないでしょ。平成ウルトラマンシリーズでも「ダイナで使われたでしょ?そう。あれですあれ。「ワンダバダバワンダバダバ♪」てやつですよ。それをメビウスでも豪華新調して登場させました!拍手!!B00005h0lg01lzzzzzzz1新鋭戦闘機・ガンフェニックスが新生GUYSのクルー達の手でペイントされて、炎の戦闘機として初出撃する話なのですが、そのシーンで鳴り響くのはあのワンダバ新Ver.ではないですか!!もう砂美は鳥肌立って当分おさまりませんでした。ワンダバは「帰ってきたウルトラマン」で冬木透先生が作られた楽曲で、ウルトラ防衛チームの代名詞ともいうべき永遠の傑作です。元祖が聴きたい方は是非「新マン」ミュージックファイルで!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

いろはさんについて

091うぉ~珍しい、砂美がゲームについて語るなんて・・・・しかも格ゲーについてだし・・・大丈夫か?砂美。いやいや、だって語るのって大人気キャラいろはさんについてだから(爆)。というわけで、大学時代はナコルル使いで通した砂美が今回萌えるゲームキャラで取り上げるのは、サムライスピリッツシリーズ最新作「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」より、いろはさんです。「旦那様より素敵な人はいません!!」を合言葉に華麗に闘ういろはさんは、スタイル抜群!美少女!!そして強い!!!の3拍子揃った最強萌えキャラです。サムスピはナコルルリムルルの姉妹が、常にSrdxiroha_071人気投票TOP1、2を独占してきたんですが、いろはさんはたった一作でこの不動の人気を誇った二人を追い抜いてしまうのか?設定的には「鶴の恩返し」なので、少し哀しいお話ではありますが、それがまた萌える要素で、例え、たにしやどじょうが大好物で猟師や鉄砲やとらばさみが大嫌いでも、いろはさんは最高なのであります。メイド服着てニコニコ毎日ご飯作ってくれるいろはさんが現実にいたら鳳麟・鳳嘴で切り刻まれてもいいですわ(馬鹿)。とにかくフィギュアもSRDXなどが出ているので要チェック!すごくセクシーでい良い出来!!ファンの方は絶対抑えるべき逸品ですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

最強、最凶の怪獣にどう立ち向かう?

B00092qqkw01lzzzzzzz1ウルトラの父のおごそかな任命式で幕を開けた、ウルトラシリーズ最新作「ウルトラマンメビウス」。気合の入った特撮映像はもう第一話からボルテージ最高潮状態で、懐かしくてたまらない「ウルトラ5つの誓い」が熟年ファンの涙を誘う第2次ウルトラブーム世代大喝采の幕開けでした。しかも「お前それでもウルトラマンかよ」とアイハラに罵倒される程、実戦では戦い慣れていない宇宙警備隊員のメビウスは、恐らく現時点ではウルトラ兄弟の足元にも及ばない強さであると推測されます。完全に、見習い状態のウルトラマン・・・・・「80」より更に未熟なままで地球に来てしまったようです。
B000exzlt801lzzzzzzz1_1そんな彼がいきなり第3話でバードンと闘うのですから、多分死ぬんじゃないの?って思ってしまいます。バードンは長いウルトラシリーズで唯一、たった1匹で2人のウルトラマンを殺した怪獣です。しかも、ウルトラシリーズで3話ぶち抜きで敵として暴れまわったのはこいつだけ。しかも殺したのは宇宙警備隊最強の長兄・ゾフィー最強のサラブレッド・ウルトラマンタロウ。当時の子供は全員悲鳴を上げたほど。人間は食べるし大好物のケムジラを残虐についばむしもう怖い怖い。新生バードンは今月号の「HYPER HOBBY」の豪華別冊付録で紹介されてますんで必見!!

続きを読む "最強、最凶の怪獣にどう立ち向かう?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

いよいよ佳境「冥界編」

Vfsh0249_1さて、前・後2章で綴る「聖闘士星矢 冥王ハーデス 冥界編」の前章も、いよいよ今月発売される第三巻で、ハーデスがその姿を現します。原作ファンにとってまさに衝撃だった瞬とハーデスの関係がいよいよアニメで描かれる訳です。で、そのクライマックスを前に、最後の白銀聖闘士・琴座のオルフェの哀しい物語が、2話を費やして描かれました。ハーデスの本拠地・ジュデッカへ一足飛びに向かうための手段とはいえ、オルフェの物語は冥界編の中でも本来原作が初期に持っていた「聖闘士星矢」らしい物語で、砂美は結構好きだったりします。この後、冥界編はハーデス一色Vfsh0250_2になってしまうので・・・。ジュデッカでは冥界三巨頭ハーデスとも闘うオルフェは、やはり白銀聖闘士最強でしょう。ところで、「冥界編」はどうも聖闘士の必殺技の描写が淡白ですね。天角星のロックとか天敗星のイワンとかが紫龍と氷河に瞬殺されるんですが、ほんと原作そのままで盛り上がりも何も無しで・・・どうせなら、もう少し派手にやってくれません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

2学期開始、スクールランブル!!

B000bv7rxg01lzzzzzzz1さて、いよいよ第2期=2学期として再スタートを切った「スクールランブル」(関西では4月4日深夜からスタート)なんですが、今回はなんといってもいつまでたってもあまり進展しない天満と烏丸よりは、ちょっと微妙な恋心があっちこっちに散乱しているのでそちらを楽しむほうが◎。で、やはり何といっても一番の見所は八雲、愛理、播磨の三角関係。というか八雲と播磨愛理と八雲の関係でしょう。新進気鋭の漫画家である播磨をけなげB000amfh0q09lzzzzzzz1_1にアシストする八雲は、原作ファンからも絶大な支持を得るヒロイン(あ、天満が一応ヒロインです。激しく念のため・・・)ですから、このシリーズでは出番も増えるであろう・・・恐らく。で、八雲に対抗する愛理はもともと八雲より過激な播磨との関係(笑)なので放っておいても爆笑間違いなし。
ちなみに砂美は八雲、愛理、美琴、かれん派です(わかりやす過ぎ)。
今や萌えるアニメの代名詞みたいに言われてる「スクラン」ですが、これ最初はギャグアニメでアニメ誌も取り上げてたのになぁ・・・いつのまにか萌えの帝王に・・・・・・。やっぱり女の子がいっぱいのアニメは強い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

春の新番組~4月3日編~

404429206x09lzzzzzzz1さて、今週から怒涛のように春の新番組が始まっていきます。あまりにも数が多くどこまで見られるか分かりませんが、まずはライトノベルで大人気の「涼宮ハルヒの憂鬱」を見てみました。初回放送の4月3日は、とても恥ずかしい自主映画から始まるのですが正直見ていて辛く、早く本編始まってくれんかなって感じでした。なんだかんだいってもう砂美は親父なので正直痒い。本編はハルヒのキャラが立っているので面白いのに、時間の無駄。しかもこれ、京都アニメーション製作でかなり作画レベル高いんだし。勿体無かった。2話の予告は萌えました。とりあえず来週からに期待
B000065dbz01lzzzzzzz1続いて「うたわれるもの」。こちらはLeafのアダルトゲームがもともとは原作で、勿論一般向けに内容変更されての放送。亜人間の少女・エルルゥと謎の仮面記憶喪失男(すごい設定・・・)のハクロオとの運命の出会いから壮大なストーリーへ・・・・・・という内容。エルルゥとアルルゥの姉妹に萌え~なんだけど、なんか初回から作画レベルがイマイチのような気がして・・・・・・TVアニメの許容範囲内とはいえ、もう少しキャラのレベル保てないと今後苦しいのではないでしょうか。お話は、結構練れてて面白いのでアニメもいいかなとも思うんですが。こちらも様子見というところですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

トトガメラ、もうすぐ公開

B000epfpc401lzzzzzzz1さて、もうすぐ公開のトトガメラこと、「小さき勇者たち~ガメラ~」なんですが、タラコ唇にくりくり目玉という、ゴジラで言うとメガロゴジラみたいな造形は、可愛いとはちょっと・・・・・・な砂美なので、ガメラ映画として楽しめるかは見てみないと分かりません。33年前にギャオスと闘った個体の子供、という設定なのですが、昭和ガメラでも平成ガメラでもない別個体のようで、結構ごつごつした母親さんです。トトと名づけられた亀は、確かに成長するとガメラなんですが、ジラースもどきのジーダスにほんとに勝てるのか?って感じ(エリマキトカゲ怪獣としてジーダスはなかなかカッコイイ)だし
404381801701lzzzzzzz1むむむむむむ・・・・・・?な感じ。原作は既に角川から出ていますが、先に読んでしまってはネタバレなんで読んでません。コミック版は特撮エースに連載中で、こっちはなかなか面白く、映画もこんな感じだったらいいかもって思ってるんですが・・・。玩具はムービーモンスターズがバンダイから出ていて、トトガメラ、旧ガメラ、平成ガメラ、ギャオスなんですが、作りが粗く特にトトガメラと平成ガメラがひどい(T-T)今までガメラ全部買ってたのに・・・・・・ウルトラ怪獣はリアル造形、ムービーモンスターは手抜きってバンダイは映画怪獣にはあまり興味なし?(CM入らないもんね)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 1日 (土)

いよいよメビウス降臨!!

409115801301lzzzzzzz1さて、いよいよ放送まであと一週間となりました「ウルトラマンメビウス」ですが、ウルトラマンティガ放送開始時以来の興奮とでもいいましょうか、そうもうすぐウルトラ兄弟にまた会える!!それだけでもう興奮して毎日ワクワクしてしまう砂美なのです。砂美にとって、ウルトラ兄弟の戦いの軌跡は自分の成長そのもの(小学生時代は、砂美はこれしか頭になかった)ですから当然なのですが。で、初回はウルトラの父がおごそかに登場。これはオールドファン喝采当たり前。で、2話はいきなりグドンで、3話はなんとなんとバードン!!マジかよ?ってかんじ。しかもバードンは玩具化がB000esssaw01lzzzzzzz1決定!!左はグドンの玩具(5月25日発売)ですが、見てくださいこのリアリティ!!こりゃバードンは買いかも。バードンってすごい強い怪獣なんですが(ウルトラ兄弟最強のゾフィーとタロウの2人を倒している!!)こんな早くに出てくれるとは嬉しい限り。あ、噂なんだけどゾフィーの人間体が出るってマジですか?もうワクワクしてほんまに眠れん・・・(幾つだ?俺)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌える女子アナ魂!!

408876892201lzzzzzzz1萌えるっていったら失礼かも・・・燃える、かな?ヤングジャンプで好評連載中の女子アナ(局アナ)奮戦紀「女子アナ魂-こはるON AIR」は、主人公の局アナ・桃川小春がライバルや先輩大物アナウンサー、大物芸人らとの確執、触れ合いの中でたくましく成長していく姿を描いた、まさにカッコイイ女性!!と思わせてくれる快作です。有名クラブのママを母に持つお色気満載の彼女ですが、普段はそんなお色気が吹き飛んでしまうような壊れぶり。ドラマで是非やってもらいたいです。フジテレビさん、どうですか?これ、やりません?(ネタバレ過ぎてダメですかね・・・・・・受けると思うけど。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送終了とオリコン4位

B000e0oiyu01lzzzzzzz1さて、先週の土曜日(3月25日)に全ての放送を終了したアニメ版「灼眼のシャナ」ですが、最終話まで作画レベルも演出の冴えも落ちることもなく一定の水準で製作されたアニメで驚きでした。前評判よりも尻上がりに人気を得て、アニメの主題歌は軒並みオリコン上位へランクイン。最後に発売されたKOTOKOさんの「being」に至っては初登場4位という偉業を成し遂げ、ジェネオンETMのエース(川田まみ、高橋洋子、石田よう子)を使った戦略がファンに大いに喜ばれた結果となりました。主題歌&BGMも本当に素晴らしかったと思います。大谷さんのBGMはピッタリでした。
484022321109lzzzzzzz1さて、砂美屋敷で「灼眼のシャナ」を取り上げる機会は、もうないかなと思っていましたら最終話ラストで嬉しい「劇場版へ続く!!」のご報告とは!!
スタッフ、やるなって感じで全くもって嬉しいです。原作は只今怒涛の展開で悠二がかなりやばい状況に陥ってますし、シャナも吉田一美と友情&ライバルで絆を深めているので、是非もって続きが見たいところです。アラストールやヴィルフェルミナに関してはまだまだ描かねばならない物語は多くこちらは劇場へ持越しでしょうか?しかし時間的に制約の大きい劇場版ですから果たしてどうなりますか?とりあえず待つしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »