« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

コミック2巻、発売中!!

Photo_12コミック電撃大王で大好評連載中の、笹倉綾人先生による漫画版「灼眼のシャナ」ですが、今回付録付きの限定版が6月20日に、通常版が6月28日に発売となりました。
まずは、付録「グリモア」付きの限定版です。付録付き限定版が先に出たので、おそらくほとんどのシャナファンが即日抑えたと思いますが、笹倉版で更に幼くなったシャナたんの危ないお色気全開の表紙がドキドキです。映画の宣伝の帯がまたいいんですな・・・おっと、それはあんまり関係ないかなっと・・・・・・
Photo_13続いては通常版です。シャナといえば、大好物のメロンパン。それを表紙にもってくるのがナイスです。この表紙、本屋で見たときはかなり胸にズバッときました。ハート直撃!!みたいな(笑)。ほんと、可愛い。
アニメが終了し、原作もどんどん先に進む中で、フリアグネ編なんか読んでると懐かしさがこみあげてきます。久々にKOTOKOさんのあの素晴らしいOPを引っ張り出して聴きながら、シャナのコミックスを読んでいると、あぁ早く劇場版が見たいぞ見たいぞと思う気持ちが激しく増大中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

唄って踊れる涼宮ハルヒ

Photo_6「涼宮ハルヒの憂鬱」相変わらず、絶好調ですね。時間軸が奇妙に入り乱れる作りは世界観をよく顕してると思うんですが・・・・・・
みくるの自主映画を最初に持ってきたり、憂鬱を何回も散らしてみせたりとアニメってすごいな・・・・・・と今になって前に「つまんない」と斬って捨てた00すら再評価しているへたれ評論家の砂美を許して・・・・・・
Photo_7CDもバリバリ出ます。キャラクターソングが続々発売決定。やはり主題歌をオリコン上位にバンバン入れてる最強アニメだけあって強気です。京都では19日深夜に放送された文化再編で「私の歌を聴きなさ~い!!」ばりの熱唱で、ファンの度肝を抜いた涼宮ハルヒ=平野綾。あまりにも熱の入ったハルヒの歌唱シーンには、思わず笑ってしまいました。ハルヒのやる事一つ一つが、キョンよろしく気になって仕方がない砂美であります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月16日 (金)

関西木曜深夜はちょっとHなドラマ枠

Photo_3関西に住む砂美は、木曜日に深夜枠でやっているテレビ東京系のお色気ドラマを流しっぱなしにしてよくブログやミクシィに興じているんですが、今回の木曜ドラマがこれ「下北GLORY DAYS」でして、これは週刊ヤングサンデー誌上で連載されてる大谷じろう:著の青春ラブコメが原作です。この作品の主人公・大野優太は、恋人の田嶋みのりを追って上京。しかし入居した下北沢「ぬーとぴあ」は女性ばかりのハーレム状態で、そんなお色気たっぷりの入居先の事をみのりに話せるはずもなく・・・しか~し、現実は甘くない。ぬーとぴあにやってくるみのり、そして修羅場が・・・・・・
Photo_5まぁこんなノリでずっと続くんですが、ストーリー展開はよくあるハーレムタイプのラブコメで、主人公はさえない浪人生だし、まわりはスタイル抜群のイケイケ姉ちゃん・コスプレーヤー・キャバクラ嬢などツワモノ揃い。しかしこのキャラクタ一人ひとりが結構立っていて、そんなに嫌味じゃない作品に仕上がっています。大谷先生の描かれる女性は健康美が素晴らしい。決して細い線ではなく、きりっとした実線でグイグイ押す絵柄ですが嫌な感じは全くない・・・。よくある萌え絵では決してないのですが、オンナノコの仕草や表情ですっかり萌えさせてくれる大谷マジックに、酔える作品です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

もうすぐ、ガタック登場!!

Photo_4「仮面ライダーカブト」も、いよいよ5人目のライダー・ガタックが登場で、しかもこれまで少しいいとこ見せ切れてなかった加賀美クンがついに今回晴れて完全な適格者へ!!ガタックに変身する加賀美君が早く見たい!!ガタックはバイクがオフロード仕様だったり、マスクドフォーム時もバルカン砲装備で強そうだったり、カブトのクナイガンに対してダブルカリバー装備だったりともうその設定だけで燃えます!!しかも必殺技はライダーキック!!ザビーゼクターのときみたいに、あっさり手放すんじゃないぞ加賀美!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

いきなり告白されたらどうします?

Photo_39シャナと来て、涼宮ハルヒと続いた砂美の萌え属性、いとうのいぢさんが続きましたが、今回は違います。今夏アニメ化される「護くんに女神の祝福を!(池田洋季:著、佐藤利幸:画)」であります。この作品は、魔法の物質ビアトリスの使い手・鷹巣絢子が、東京ビアトリス大学付属高校に転校してきた後輩・吉村護にいきなり告白して始まるラブコメです。この鷹巣絢子ちゃん、グラマーで美人で言うことなしに見えますが実は最強のビアトリス使いの一人である別名・「魔女ベアトリーチェ」!!お嬢様で容姿端麗、しかも実は強い!!これはもう最強ヒロイン街道驀進間違い無しですな。
Photoいきなり転校早々、「わ、私と付き合いなさい!!」て言われたら、俺だったら・・・すいません、付き合います(おいおい)。だって絢子ちゃん激可愛いじゃないですか!!断る理由、何もないし。男はやっぱり、惚れられるのにはとってもとっても弱いのねん。勿論、片想いで追いかけまくるのも燃えますが、一歩間違ったら犯罪だし、報われない事も多いでしょ。でも、追っかけられるのはリスク半減ですから(皆無の場合も多々アリ)。
それにしても、最近ロンゲもショートも関係なく萌える自分が節操無いなと思うのであり・・・あぁ、このシリーズ見てると何か先輩彼女もいいなぁなどと思ってしまいますね・・・(砂美は、年下ばっかりでした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

希望のブルー族・ヒカリ降臨!!

Vfsh0005_1_1ウルトラマンメビウスは、宇宙警備隊のルーキーとして地球に来て、仲間であるCREW GUYSのメンバーとの触れ合いの中で、大きく成長したと感じたのが10話「GUYSの誇り」。第一部「ボガール編」のクライマックスともいえるこの回は、ラスボスともいえるボガール最終形態・ボガールモンスに数々のウルトラ技で立ち向かうメビウスが激かっこよく、第一話ラストVfsh0006_1_1でリョウに叱責された新米戦士とは別人のよう!!そして特筆すべきはハンターナイト・ツルギがメビウスとの触れ合いの中で、ウルトラマンとしての誇りを取り戻し共にボガールと闘う姿で2大ウルトラマンの共闘はウルトラ史上に残る名場面となったのは間違いない!!これは40年シリーズ見守ってきたファンが言うんだから間違いない!!傷つき倒れたツルギを救うのは銀十字軍隊長・我等がウルトラの母!!ついに復活するブルー族の超戦士・ウルトラマンヒカリ!!次週、ウルトラの母の大いなる愛の奇跡にドッキドキ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 6日 (火)

OKAMAさんの絵が好きです

Vfsh0259_1現在放送中のアニメ「ひまわりっ!」で、現在を生きるくの一キャラを描いているOKAMAさん。砂美が大好きな絵師さんのお一人です。それほど色気があるわけでもない、どちらかといえば幼いイメージの強いキャラクターが多いのですが、少し中性的ともいえるその独特のキャラデザインが、爆発萌え系とはまた違った魅力を放っています。大人数、大所帯で個性ばらばらのキャラも一手に引き受けてしまうのがその特徴で、この前には人気ドラマ「電車男」OPからスピンオフで人気を博した「月面兎兵器ミーナ」がありました。ミーナに関しては13話~26話のアニメ作品であるVfsh0260_1訳でもないのに、膨大な設定とキャラデザインが起こされていて、マニアの中で大きな話題に。コミケでファイギュアは8800円で発売されるわ(ちなみに劇中のものはなんと40万円也!!)ついにはアニメ化まで決定するわで大変な人気となったのは周知の事実。最近画集「OKAMAX」も発売され、今一番勢いのある絵師さんのお一人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ウルトラの母は太陽のように

Vfsh0001_1さて皆さん(浜村淳さんよろしく)、ついについに、我等がウルトラの母が、「ウルトラマンメビウス」第11話「母の奇跡」に登場です!!もう各地のブログでネタバレ続出の模様ですが、ハンターナイト・ツルギの正体=ウルトラマンヒカリと並んで、6月の大きな目玉となってくれそうです。ちなみに今のウルトラファンはウルトラの母知らないだろうから、ココで少々補足しますと、ウルトラの母というのはメビウスを地球に派遣した、宇宙警備隊大隊長であるウルトラの父(1話登場)の奥さんで、ウルトラの星の銀十字軍の隊長さんであります。銀十字軍とはいわゆる病院ですね。つまりウルトVfsh0002_1ラの星の総婦長さんて感じです。ウルトラの星が宇宙帝王エンペラ星人と怪獣軍団の襲撃にあった際、重傷を負った父を看病したことで結ばれた二人には、最愛にしてウルトラ兄弟最強の息子、ウルトラマンタロウがいます。実の息子ではないにしろ、ゾフィーに始まるウルトラ兄弟を本当の息子のように可愛がっておられる姿は、まさに母であり、メビウスでもその慈母の輝きが、当世売ウルトラっ子をあまねく照らしてくれる事でしょう!!

続きを読む "ウルトラの母は太陽のように"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »